1. ホーム
  2. 増大コラム
  3. ≫亜鉛で精液増強!亜鉛の効能や副作用など亜鉛の働きを詳しく知りたい

亜鉛で精液増強!亜鉛の効能や副作用など亜鉛の働きを詳しく知りたい

亜鉛で精液増強!亜鉛の効能や副作用など亜鉛の働きを詳しく知りたい

「男性機能のためには亜鉛と聞くけど……、なんでだろう?」
「精液作るための材料だったような……」

精液と言えば亜鉛です!
その必要性からペニス増大サプリに多く含まれている亜鉛についてまとめていきます。

亜鉛にはどんな効果があるのか?
副作用はあるのか?
評判はどうか?

それでは、どうぞ御覧ください。参考にしていただけると嬉しいです。

亜鉛とは?どんな食べ物に多く含まれているのか

亜鉛とはミネラルの一種で必須ミネラル16種のひとつです。工業的には鉱物であり、光沢を有する金属として確認できます。電池に使われることでも有名ですね。

もっとも、今回は人体内での働きですので、鉱物のイメージは忘れ、食物から亜鉛を摂取するイメージで良いでしょう。

体内での合成は不可能であり、体内の亜鉛の由来は食物からの吸収が100%となります。人体内では鉄に次いで多い元素であり、当然担っている役割も数多いです。

亜鉛は体内で100を超える酵素の活性に関与しており、それらを通じて免疫機構の補助やケガなどの治癒、精子形成や味覚、小児の成長などに働きます。

亜鉛が多く含まれるとして有名なのは牡蠣でしょう。他にもレバーや牛肉、うなぎや大豆などには比較的多くの亜鉛が含まれています。亜鉛は肉類・魚類・穀物に多いと言えるでしょう。

亜鉛の男性への効果・効能とは

さて、亜鉛の効果で今回紹介するのは男性機能へのサポートです。先にも軽く精子の形成に関わっていることは書きました。

亜鉛は男性ホルモンの合成にも関わり、セックスミネラルとも言われます。亜鉛が欠乏するとダイレクトに性機能の低下につながります。セックス関連における亜鉛の働きは以下の通りです。

亜鉛のセックスにおける効果・効能
  • 年齢とともに減少していく精子の数を保つ
  • 精子の運動率がアップして受精しやすくなる
  • 精力を増強し、性欲を維持する
  • 前立腺の障害(勃起不全・ED)を防止

亜鉛が不足すると精子の数が不足してきます。体内における亜鉛の存在が精子の形成に必要です。

また、この精子はただ数があれば良いものではありません。精子の役割を果たす、つまり女性を妊娠(受精)させるためには、精子の持つ運動性が重要です。

精子の運動性にも亜鉛の存在が需要であると言われています。精子の数と質のために亜鉛は必要なのです。

また、亜鉛が性ホルモンを分泌する都合上、精力・性欲の増進には必ず関わってきます。性ホルモンこそが精力と性欲の源だからです。具体的なホルモンとしてはテストステロンが挙げられるでしょう。

性ホルモン分泌だけではなく、亜鉛が不足してしまうと体の働きが低下してしまうことが多いです。それらの結果として、勃起不全・EDという形で体に影響が出ることもあります。

結局のところ、男性にとって亜鉛の欠乏は深刻なダメージをもたらすということです。

また、以下には一般的な亜鉛の効果についても載せておきます。

亜鉛の一般的な効果・効能
  • 毛髪の細胞分裂・タンパク質の形成を助け、薄毛を改善する
  • 味覚の感知・味蕾の維持
  • 免疫機能の維持
  • 甲状腺機能の維持
  • 傷の治癒

挙げればキリがないので省略させていただきますが、亜鉛は普段の生活でも重要な働きをしていることが分かるでしょう。

亜鉛不足だとどんな症状が見られる?

亜鉛が不足するとどんなことが起こるのでしょうか?

先程書いた効果・効能とも多くが被ってくるのですが、まずは列挙していきます。

亜鉛不足による弊害
  • 味覚障害
  • 脱毛,薄毛,髪の毛が細くなる
  • 貧血
  • 免疫機能の低下
  • 甲状腺機能の低下
  • 皮膚炎
  • 発育障害
  • 精子欠乏
  • 勃起不全・ED

簡単にまとめると、亜鉛欠乏の影響は細胞分裂が頻繁な箇所に影響が出ています。

さて、亜鉛を意識して取らなければいけないのですが、日本人は食生活の変化から亜鉛不足であることが日常化していると言えるでしょう。

結局のところ、意識して食事から摂る自信がなければサプリメントを頼るのがベストな方法と言えます。

亜鉛の取りすぎで副作用があるの?

副作用

亜鉛の重要性はわかりました。しかし、亜鉛を摂りすぎたときも同じくらい心配ですね。亜鉛は摂りすぎると副作用があるのでしょうか?

本来であれば亜鉛は過剰に摂取された場合、膵液を通して過剰分が排出される仕組みになっています。また亜鉛自体の毒性も低いとされているため、普段であれば亜鉛の摂取量が問題となることはないでしょう。

しかし、亜鉛でも一度に多量摂取した場合や、サプリメントなどで継続的に過剰摂取した場合は問題を引き起こします。

1日100mg以上を長期にわたり摂取
  • 嘔吐吐き気
  • 脱水症状
  • 発熱
  • 倦怠感など

サプリメントも本来は多量に摂取すれば良いというものではありません。摂取量は守らなければ安全に使えるとはいえないでしょう。

1日の亜鉛のおすすめ摂取量とは

上で亜鉛の副作用について触れました。では、亜鉛のオススメな摂取量はいくつでしょうか?

「日本人の食事摂取基準(2015)」より、亜鉛の推奨されている摂取量は10mg/日であり、上限量は40から45mg/日でした。この数字は男性向けの数値です。

亜鉛の摂取量はこの値を目指す必要があります。ちなみに男性の亜鉛平均摂取量は9mg弱です。極端に足りないわけではないですが、常に不足していそうです。もっとも平均よりも自分がどれだけ摂っているかが大事でしょう。

亜鉛を効果的に摂取するにはサプリが効果的

何度か触れていますが、亜鉛を食品で摂取し続けるのは難しいでしょう。ベターな方法としては、サプリで安定して継続摂取するべきと言えます。

男性としてみれば精力アップや勃起改善には亜鉛が必要不可欠です。亜鉛は増大サプリにも多く含まれているので、質の高いサプリを使って性機能の向上や維持を目指す場合はオススメでしょう。

URLが見つかりません。 URLが見つかりません。